GET OUT I LOVE ROCK STAR
          ここでは私の裏の顔をお見せします。日常、愛、欲望、性、身体・・・私の全部。 ここはノンフィクションのようなフィクションであり、ノンフィクションのようなフィクションですので、悪しからず。


⇒ プロフィール


毒ピノコ

Author:毒ピノコ
裏の顔を持ってます。
ROCKが大好き。
棘が刺さったままです。
不器用なりに生きてます。
オルタナティブな日常。

コメントやトラバは付けません。
ただ見てるだけで構いません。

THANK YOU and FUCK YOU!!
3x9 and 8x9 !!



⇒ 最近の記事




⇒ 最近のコメント




⇒ 最近のトラックバック




⇒ 月別アーカイブ




⇒ カテゴリー




⇒ FC2カウンター




⇒ ブロとも申請フォーム


この人とブロともになる



⇒ ブログ内検索




⇒ RSSフィード




⇒ リンク



このブログをリンクに追加する

⇒ --.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


⇒ 2007.04.20  売れるだけが夢なのか <<15:23


私は、自分の好きなアーティストが
映画やドラマの主題歌になると聞いたとき、ちょっと落ち込むタイプ。

なぜかというと、その曲に「イメージ」が付いてしまうから。

例えば、BUMP OF CHICKENの「天体観測」は
ドラマ「天体観測」の主題歌になって、
無名のバンドが一気にトップに昇った。
けど、ファンからはクレームが出た。
それは「天体観測」という音が流れたときに、必然的に
「これってドラマの主題歌だったよね」とか、
「聴き手のイメージ」ではなく「ドラマのイメージ」が
強く残ってしまうから。

アーティストに映画やドラマの主題歌の話が来るのは、
ごく普通のことで、1つの「大仕事」と言っても過言ではない。
けれど、曲の売り上げ増進のための仕事に見えるときもある。
それは、いかがなものか。

曲は売れれば良いものではない、と私は思う。
スポンサーサイト


 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。